痛風の発作にロキソニンで痛み止めをしたけど、コルヒチンを常備した方がいいのか

  • 2014/08/16(土) 16:50:15

うちのお父さんは2年ほど前から痛風なのですが、今日電話がかかってきて、
痛風の発作が出たので、痛み止めがないかと聞いてきました。

普段なら病院に行って薬をもらってくればいいのですが、今日は病院が
休みということもあり、常備してあるロキソニンを持っていってきました。

私は痛風ではないのですが、親知らずが変な風に生えてきており、たまに
メチャクチャ痛むことがあるので、そのときのためにロキソニンを常備
しています。

ロキソニンは個人輸入のネット通販で購入できるので、とても便利です。

ロキソニン通販(個人輸入)はこちら

個人輸入のネット通販なので、外国版と日本版を購入することができます。

それはさておき、痛風の発作を抑える薬に、コルヒチン(COLCHICINE)という
薬があるということです。

痛風の発病予防や、発作予感時に使うことができますので、ロキソニンで
痛み止めをするよりはいいのかなという気がします。

ロキソニンは痛風の発作以外も使えますが、痛風の発作に使うのなら、
それ専門のコルヒチンを常備しておいたほうがいいような気がします。

コルヒチンもロキソニン同様、個人輸入のネット通販で購入することができます。

コルヒチン通販(個人輸入)はこちら

しかし、痛風は怖いですね。

うちは亡くなったお祖父ちゃんも痛風でしたし、お父さんも痛風ということで、
私もお酒をたくさん飲みますし、最近では、本物のビールは飲まず、プリン体0の
ゴクゼロを飲むようにしています。

ゴクゼロは発泡酒になって値段が上がったのがちょっと痛いですが、味は
美味しいので、これからもゴクゼロでいこうかなと思っています。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL