剰余金100億円を活用し、出産事故の補償対象拡大

  • 2013/07/22(月) 16:45:18

出産事故

出産事故で重い脳性まひになった子どもに補償金を支払う
産科医療補償制度で、脳性まひ発症状況の調査をしていた
日本医療機能評価機構の専門委員会が、対象者を年800人から
年481人とする推計値をまとめ、年間にして約100億円の
剰余金発生が見込まれることが分かったということです。

当初は、脳性まひの発症状況のデータはほとんどなく、
沖縄県などの限定的なデータを基に制度が設計されたので、
年800人という設定になっていたということですが、
その後のデータの分析の結果、年間340〜623人となる
可能性が高く、対象者を年481人と推計したということです。

全員に補償金が支払われたとしても、年間約100億円の
剰余金が出るとういことなので、条件の緩和による対象拡大や、
補償金増額を中心に見直し策を協議するということのようです。

補償金の増額よりは、条件の緩和をしたほうがいいとは思いますが、
こんなに出産事故があるのなら、産科の先生のなり手が少ないのも
うなずけますね。

訴訟リスクもありますし、医師のリスクを減らすためにも、
こういった制度は充実させてもらいたいものですね。

全員が全員安産ならいいのですが、出産には色々ありますし、
難しいところもありますね。

世の中、子供が欲しいところに子供ができずに、遊びで
セックスをした女性が妊娠をして、中絶をするってケースも
多いので、ほんと、難しい問題ではありますね。

子供が欲しくない場合には、コンドームでの避妊は確実ではないので、
低用量ピルなどを使って確実に避妊をしてもらいたいですね。

コンドームで避妊する場合には、万が一のときのために、
アフターピルを用意しておくのもいいかと思います。

低用量ピルやアフターピルは産婦人科でも処方してもらえますが、
通販(個人輸入代行)を利用すると、格安で購入することができます。

ピルの個人輸入はオランダ屋を利用すると便利です。

オランダ屋はオオサカ堂の姉妹サイトで、価格はオオサカ堂と全く同じです。